上手にストレス発散ができないと、うつ病に陥ってしまう可能性があります。

MENU

仕事が要因でうつ病になる人の特徴

 

うつになる人の特徴

 

看護師さんは「うつ病」になりやすい職種だと言われています。
なにが原因でうつ病になってしまうのでしょうか?

 

うつ病の原因

 

うつ病の原因は性格によるもの環境によるものの2種類に分けられると言います。

 

本人の性格によってうつ病になる場合その特徴として「まじめである」「仕事熱心である」「社交的である」「寂しがり屋である」などがあげられます。

 

環境によってうつ病になる場合、その特徴としてあげられるものは「ストレス」です。

 

例えば家庭環境の悪化や身近な人物の病気や死、職場環境によるもの、など人によって様々です。

 

看護師さんの場合、患者さんの命と関わるお仕事の為、日々知らず知らずのうちに緊張してしまい、それがストレスとなってしまったり、看護師さんは女性の多い職場なので人間関係に悩んでしまったり、患者さんとのコミュニケーションに悩んでしまったりなど、ストレスを多く抱えてしまう職種なので、上手にストレス発散ができないとうつ病に陥ってしまう可能性があります。

 

 

うつ病だと診断されたら

 

うつ病だと診断された場合、職場と相談し休暇をとり職場から離れるようにしましょう
職場によっては傷病休暇を取得できる場合もあります。

 

退職をすぐに考えるのではなく、ある程度休養し、症状が治まってきたら今後の事を冷静に考えるようにしましょう。

 

 

うつ病にならない為に

 

うつ病にならない為に一番大事なことは「上手にストレス発散をする」事です。

 

ストレスは誰しも何かしらの原因で抱えてしまうものです。
ストレスになる事を悩むのではなく、自分に合った方法でストレスを発散できるようにしましょう。

 

偏った食生活を改善する事も大事です。
レトルト食品やインスタントやジャンクフードは避け、バランスの良い食生活を送るように心掛けましょう。