看護師の仕事はハードで、家庭事情などから仕事が長続きしない場合があります。

MENU

仕事が長続きしない人の特徴

 

仕事をすぐ辞めてしまう人

 

「看護師」という職業はとても人気の高い職業ですが、転職率・離職率ともに高い職種でもあります。

 

人気の高い職業なのに、「慢性的な看護師不足」と言われるほど仕事を辞めてしまう人が多いのはなぜなのでしょうか?

 

看護師は女性が多い

 

現在、看護師は男性でも就く事のできる職業ですが、今でも看護師の大半を女性が占めています。
女性はある程度の年齢になれば、多くの人が「結婚」や「出産」を迎えます。

 

結婚した相手が転勤の多い職場だったり、出産の為一度職場をやめた後、再び復職したら、ブランクのせいで仕事がうまくいかなかったり、子育てとの兼ね合いがうまくいかないなど、家庭事情などから仕事が長続きしない場合があります

 

また、女性は独特の人間関係の難しさを構築してしまうものなので、職場でのコミュニケーションや、人間関係に悩んで、精神的に追い詰められて辞めてしまうケースもあります

 

他の職場に転職しても同じように人間関係に悩んでしまい、結果的に仕事が長続きしない場合があります。

 

 

仕事がハード

 

看護師の仕事は「患者さんの命や病気と向き合うこと」であり、その仕事内容はとても過酷です。

 

大きな病院であればシフト制の勤務であったり、残業や夜勤、土日祝日も仕事になるのが当たり前です。一方小さなクリニックであっても、看護師が少ない為仕事量が多く、体力的に厳しくなるなどの問題もあります。

 

 

仕事を長続きさせる為に

 

まずは自分がその職種を続けられるかどうかを考えて見ましょう。

 

職業自体が辛いのであれば、他の職種に転職してみるのも一つの手段です。
今の職場は嫌だけど看護師を続けたい場合は、他の異なる職場に転職してみるのも良いでしょう

 

今では看護師は病院だけでなく、介護現場や一般企業などでも働く事が出来ます。
自分に合った働き方を模索してみるのもよいでしょう。