自分の仕事への評価を求めず、自分は頑張っていると自分を認めてあげてください。

MENU

無理はしすぎないことが大切

 

看護師は人の命と関わる大変なお仕事です。

 

勤務時間も長いですし、シフト勤務や夜勤などが多いため生活リズムが狂いやすかったりしますし、同じ職場で働いている人たちとの人間関係や患者さんとのコミュニケーションがうまくいかなかったりなどで、ストレスが溜まりやすい職種でもあります。

 

しかし、日々の仕事の中で頑張りが認められたり、患者さんから感謝されたりなどすると「やっぱり看護婦をやっていてよかったな」と思うものです。

 

仕事の中にそんな「やりがい」を持っていないと大変な仕事を続けるのは大変ですよね。

 

しかし、看護師にはそんなやりがいもいつの間にかなくなってしまうバーンアウト症候群(燃え尽き症候群)」になりやすい職種でもあるのです。

 

バーンアウト症候群とは「今まで一生懸命仕事をしていた人が突然無気力状態になってしまう」や「仕事に対して不安になったり自信がなくなったりする」ことを指します。

 

バーンアウト症候群になってしまう原因に、「自分の設定した目標に届かない」「仕事が評価されない」など自分の仕事が報われない、と感じてしまったときなどがあります。

 

 

バーンアウト症候群にならないために

 

バーンアウト症候群にならない為には「頑張りすぎない事」です。

 

自分の仕事への評価を求めず、自分は頑張っていると自分を認めてあげてください。

 

また、ストレスをきちんと発散するのも大事です。

 

シフト制の勤務では生活習慣もきちんと定める事はできませんが、仕事にあったライフスタイルにする事も大切です。

 

それでも辛いときは職場と勤務時間について相談したり、転職して自分の求める職場を探してみるのも良いでしょう。

 

人の命に関わる仕事ですからきちんと仕事をこなすのは大切です。
しかし自分に余裕が無ければ仕事のミスをしやすくなる事もあります。
肩の力を抜いて、自分に合った仕事のスタイルを作っていきましょう。