激務の看護師が仕事に疲れたときにどるべき行動を解説

MENU

仕事に疲れたときにはどうしたら良いか

 

看護師という仕事は、とにかく忙しく体力的にもとても疲れます。連日の夜勤や長時間労働で身も心も疲れ果てて「がんばらなきゃ」と思うときでも体が言うことを聞かないときってありますよね。

 

そんなときに試したみたい4つのことをお教えいたします。

 

4を出す女性

 

 

とにかく遊んでみる。

新人看護師の場合は、仕事を覚えるだけでも一苦労です。その上、上司からの指示や患者さんからのクレームを受けたり、精神的に参ってしまうことも少なくないでしょう。看護師として働きながらも数年で辞めてしまうことが多いのもうなずけます。
そういった場合は、ショッピングをしたり、友達とカラオケでストレスを発散したり、彼氏と映画を見たりと気を紛らわす休日の過ごし方をしましょう。

 

 

 

エステに行く。

看護師という職業は、立ち仕事が多く足がむくんでしまいがちです。また夜勤を続けると肌も荒れ気味になってしまいます。そんなときには美容エステに行って、身も心もリフレッシュしましょう。
アロマオイルの香りを嗅いで病院の独特の空気感から解放されると気が楽になります。

 

 

 

趣味を持つ。

看護師だけでなく仕事にだけ一直線になってしまうとその事ばかりに心を捕らわれて、精神的な休息が得られなくなります。生活を支える仕事とは別になにか純粋に取り組むことのできる趣味があると生活に張りがでると言います。最近女性に人気のヨガや語学、絵画教室や手芸など街中にさまざまなスクールや教室で受講することができます。
仕事が休みのとき、夜勤が終わった後にぜひ通ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

とにかく寝る。

とにかく寝ましょう。 人間が体力を回復されるためには、眠ることが一番です。
働く中で体力を消耗させ、精神的にも疲れ果ててしまったときは、なにより睡眠をとることが大切です。特に看護師は夜勤明けの眠りに困惑すると言います。朝方に寝て夜働き出すという生活のサイクルは体に少しずつダメージを与えます。

 

 

夜勤明けに無理して眠るというよりは、昼勤シフト中にしっかりと眠り夜勤シフトに備えるということが大切です。