救命救急・整形外科|看護師に人気の科・不人気の科

MENU

看護師から人気を集める科

 

これから看護師になろうとする人にとって、どんな病院で働いたらいいか、どの診療科で働いたら看護師としてやりがいを持って働けるかというポイントは気になるところです。

 

ここでは看護師の就職先としての人気の診療科、逆にあまり人気のない忌避されがちな科は何かという部分を解説します。

 

看護師とひとくちに行っても、病院で働くのか、街の診療所で働くのか、どの科で働くのかで仕事の内容は大きく変わってきます。いざ就職してみたら「思い描いていた業務内容と大きく違っていた。」ということがないように具体的にどの科が人気があるのか押さえておきましょう。

 

看護界の問題点について

 

 

ファイルと聴診器

 

人気の科

 

整形外科

整形外科は生死にかかわる事態が少なく、張りつめた医療機関というよりは、比較的のんびりした印象があるので、イメージ的に看護師の就職先として好まれる傾向があります。
折れた骨が骨癒合により再生される過程は、患者さんの回復をしっかりと感じ取ることができ、看護師としてとても充足します。

 

救命救急病棟

実際の業務内容は、スピード感を求められ、ハードな働き方を要求されますが、そのハイレベルな仕事環境は、医療の花形のようなイメージで語られることも多く、希望する看護師は多いです。また若い頃に経験しておくと看護師としてとても勉強になるので志望する人は多いです。

 

眼科

眼科は手術室で血を見なければならなかったり、命に危険がある急変患者が送られてくることは少ないので、血を見ることが嫌いな看護師にとってはおすすめの科です。
比較的静かな空気が流れている独特の科です。

 

 

不人気の科

 

精神科

看護師という職種のイメージを考えてもややマイナー感があるのが精神科です。あまり積極的に精神科に行きたいという希望は少ないのではないでしょうか?
ただ男性の看護師さんは比較的多いという傾向があります。

 

泌尿器科

女性看護師にとってはなかなか志望しづらい科ですね。
「男性器が好き」という志望動機があってもそんなこと口には出せませんよね。

 

循環器科

循環器科は、スキルアップしたい看護師の中には進んで就職を希望する人もいますが、心臓疾患や心筋梗塞、狭心症や心不全など命が失われる可能性の高い科です。看護師に求められるスキルも比較的高く、こなすべき業務も細部にわたっています。
特に循環器科にお世話になる患者は中高年が多く、医師や看護師にいろいろと要求を突きつける困った患者も多いため、新卒看護師に忌避される傾向があります。