看護界の問題点である過酷すぎる仕事や離職率の高さを改善しよう

MENU

人手不足と離職率の高さが問題になっている

 

看護界の問題点でもっとも大きな問題とされているのが、看護師の不足と離職率の高さです。

 

その理由がどこにあるのかを探ってみます。

 

 

看護師の仕事内容

 

看護師は安定した仕事ではありますが、仕事内容がハードという特徴を持っています。ハードというのは、体力的にも1日のスケジュールの中でやるべき仕事がたくさんあり、医師の指示に正確に従い、患者さんのケアを行い、肉体的なフォローだけでなく心理的にもフォローを行い、清拭や排せつの世話も行う必要があります。

 

「きつい、汚い」というデメリットもあり、注射や投薬などミスをしてしまえば医療事故につながってしまうリスクの高い職業でもあります。

 

高収入とはいえ、その業務内容の過密さやハードな1面を見れば離職率の高さもうなずけます。新人看護師の離職率は10%前後といわれており、その後、看護とは別の仕事に就いて潜在看護師となるケースも少なくないといわれています。

 

 

看護師1人1人の負担を減らすために

 

スタッフ

 

もともと看護師の数が足りないといわれていたところに高齢化時代に突入してさらに看護師を必要とする人の人数というものは増えていくことになります。

 

現在全国で必要とされている看護師の数は150万人を超えていますが、実際の看護師の数はそれよりも数万人少ないとされています。

 

現在では看護大学を増やすなどの施策により、看護師の資格を持つ人の数は少しずつ増えつつありますが、それでも現場で働く看護師のストレスの解消や過密な働き方による離職率の高さを解消する完全な解決には至っていないようです。

 

やはり看護師の絶対数を増やしたあと、長時間労働を緩和して家事や育児と両立しやすい環境を整えたり、看護師自身のケアやカウンセリングを行う体制をつくるなどのきめの細やかな施策が求められています。

 

また男性看護師が以前より増えてきたといわれますが、まだまだ現場では少ない状態です。男性の就職難が顕著になってきて久しいですが、男性が安定的に収入を得る職場として看護界に注目するのも一つの手ではないかと思います。

 

男性看護師にしかできない看護の強みもあるはずです。