看護師は病院以外でも大活躍!訪看ステ・介護施設・企業看護師

MENU

病院以外で活躍できる場所

 

看護師の主戦場といえば、間違いなく大学病院や診療所、クリニックなどのいわゆる「病院」ですよね。しかし病院を主な舞台としている看護師は必ずしも病院でばかり働いているわけではありません。

 

病院以外でも(例えば介護現場)看護師の力を必要としているところがたくさんあるのです。

 

看護師が働いて活躍する場は病院やクリニックばかりではない意外な場所でも求められているのです。では看護師が病院以外で活き活きと活躍できる場所はどこにあるか解説したいと思います。

 

大学病院

 

 

訪問看護ステーション

看護師や医師の不足は高齢化社会の進行にともなってますます高まっていますが、それは病院だけなく介護の現場でも顕著になってきます。看護師の免許は介護士の免許資格も内包しているので、訪問看護ステーションなどの介護の現場でも活躍できます。
訪問看護は居宅の利用者の家にスタッフが訪れて入浴や清拭、食事の世話や排せつの手伝い、また医療機器などのチェックなども行います。病状の患者さんのケアや利用者のQOLを高める手助けをする場である訪問看護ステーションに転職する看護師も増えています。

 

 

老人ホーム・デイサービス

利用者の居宅を訪れる訪問看護と並んで介護界での働く場である老人ホームやデイサービスなどの収容タイプの介護施設でも看護師の働く場は多いです。
特に看護師は介護現場において介護士と違い、医療行為を行うことができるので老人ホームや老人介護施設で重宝される傾向があります。
ただし給料の出所が病院で働くと健康保険が適用されるのに対して、介護施設では介護保険が適用されるので、病院で働く看護師と比べて若干給料が落ちるといわれています。
ただし急性期患者が多く運ばれてくる病院と違い、患者さんのQOLを高めることを助ける介護現場の雰囲気が合うと感じれば転職を考えてもいいかもしれません。

 

 

産業看護師(企業医務室など)

会社や企業の中の医務室や健康管理課で働くことを求める看護師が増えてきています。理由は、病院などので不規則に激務をこなすよりも、土日が休みで定時に帰宅することができ、比較的ゆとりをもって働くことができるからといわれています。
一般企業だけでなく大学や保育園などの常駐している看護師も存在しており、病院以外でも多くの看護師が活躍しています。